無免許業者をチェック

21世紀になると、ネット証券での株取引が主流になった。

1990年代末までは、証券マンが銘柄選びのコツや売買タイミングを教えていた。しかし、ネット主体となり、証券会社の店舗(支店)と個人投資家との距離は遠くなった。

そこで投資家の関心を集めるようになったのが、投資顧問会社だ。投資顧問会社は、有料で投資情報を提供している場合が多い。

日本投資顧問業協会の会員名簿

しかし、投資顧問会社の中には無許可で投資のアドバイスをしているところもある。したがって、投資顧問を選ぶ際には、金融庁の登録業者リストや日本投資顧問業協会の会員名簿をチェックすべきだ。

プレナスは加盟会社

プレナス投資顧問は、日本投資顧問業協会に加盟する正規の会社だ。

参照:https://www.jiaa.or.jp/profile/kaiin.html

プレナス投資顧問の評判

SNSの怪しい情報

近年、ヤフーファイナンスの掲示板やTwitter(ツイッター、現X)、Youtubeのコメント欄などには、怪しげな投資情報サイトの関係者が、盛んに自社宣伝と見られる書き込みを行っている。

根拠のないデマに注意

こういったSNS上の情報や業者に騙される投資家も少なくないようだ。「ココだけの話」「早耳情報」といった甘い誘いに乗ってカネを支払い、根拠のないデタラメな情報やデマをつかまされるケースもある。

じっくり選ぶ

じっくり選んで投資顧問を利用しないと、損をしたと感じたり、詐欺に遭ったりする可能性がある。

「有料だから優れている」は間違い

投資のプロである投資顧問業者に少しでも多くの身銭を切れば、より価値のある情報が手に入るのではないか、と考えてしまう投資家も少なくない。

口コミで見える本音

それは、以下のような思いがあるからだ。これらはいずれも実際にSNSの口コミで確認されたコメントである。

  • 「儲けられるネタや銘柄を手っ取り早く知りたい」
  • 「無料情報だけでは他の投資家に差を付けられない」
「有料だから良い」とは限らない

しかし、有料だからといって投資顧問会社の情報が優れていると決めつけるのは間違いだろう。

複数の情報ソースを

少なくとも、我々Legal Economic編集部が投資顧問会社をおすすめできるか否かは、有料だろうが無料だろうが関係ない。 有料サービスを利用するのであれば、無料会員の段階で具体的な銘柄を教えてもらい、その銘柄が実際に上昇したら、ある程度は信頼してもいいかも知れない。 いずれにせよ、情報・取引材料・助言などは複数のソースから入手したうえで、自分の頭で考え抜いたうえで、自己責任で投資判断を行うべきだろう。

動画「金融庁による投資に関する注意喚起(うんこクイズ)」