投資・金融業の資格について~スナップアップ投資顧問

投資顧問の金融庁への登録とは

申請方法

金融商品取引業は、誰でも自由に行えるわけではりません。政府に申請書を提出して登録を受ける必要があります。提出先は、全国の地域ごとにある「財務局」です。財務局に直接持ち込むか、郵送で送ります。 申請が認められたら、登録されます。登録が完了すると、「商号」「登録年月日」などが記録されます。

業者登録簿

この記録される名簿を「金融商品取引業者登録簿」といいます。この登録簿は誰でも閲覧できる状態に置かれます。これを「公衆縦覧」といいます。

条件

金融商品取引業として登録が認められるには、「登録拒否事由」がないことが絶対条件です。 金融商品取引業の資格には4つの種類がありますが、4つに共通する拒否事由があります。

4つの資格に共通する拒否事由

取消や違反(罰金)の過去がない

4種類の業種に共通する拒否事由は以下の通りです。

(1)金融商品取引業の登録を取り消されてから5年が経過していない

(2)金融商品取引法等に違反して罰金刑を科されてから5年を経過していない

第一種だけの拒否事由

一方、4種類の金融商品取引業ごとに異なる登録拒否事由もあります。特に、第一種金融商品取引業については、資格を得るための厳しい条件が課されています。 第一種金融商品取引業の登録を行うために必要な条件は、大きく分けると2つの種類があります。一つは「財務」。もう一つは「主要株主」です。

財務に関する条件
自己資本比率

まず、第一種金融商品取引業の登録が認められるためには、財務状況がある程度強固でなければなりません。具体的な条件として、資本金や純資産額が政令で定める一定の金額を上回ることが必要です。

また、自己資本規制比率が120%を下回る場合は、第一種金融商品取引業の登録ができません。自己資本規制比率の算出方法は以下の通りです。

自己資本の額(固定的な資産を除いた自己資本の額)÷リスク相当額(リスクに対応するため必要な金額)×100
毎月末に届け出

第一種金融商品取引業者は、自己資本規制比率を算出して、毎月末に金融庁に届け出ます。金融庁は、自己資本規制比率が120%を下回ると、財産の供託などを命じることができます。

業務停止命令

自己資本規制比率が100%を下回ると、金融庁は、業務停止命令を出すことができます。状況が回復する見込みがなければ、登録を取り消すこともできます。

主要株主に関する条件

主要株主とは、議決権の20%以上を握っている株主のことです。個人または法人です。 第一種金融商品取引業の主要株主は、議決権保有割合などの事項を記載した届出書を金融庁に提出しなければなりません。 この届出書には、金融商品取引業の登録拒否事由に該当しないことを誓約する書面などを添付することが必須になります。

複数の業務を行う場合の手続き

金融商品取引業の業者が、複数の登録にまたがる業務を行う場合には、それぞれの業種の登録を別々に行うのではありません。 1回の登録申請で、「複数の業務を行う」という内容で手続きをすれば済みます。

勝ち組の投資顧問会社の条件と具体例

勝ち組の投資顧問会社の特徴として共通しているのは、 一貫した裏付けのある理論に基づく投資手法をとっている、ということです。 具体的な手法はそれぞれの会社で異なっており、 中には、基本ポートフォリオなどの面で全く逆の考えを採用している例もありますが、 自らのポリシーに忠実であるという傾向は似通っています。

株投資は、 価格変動により、 損失を被るとこもあります。 投資した企業の業績が順調であっても、金融政策や地政学的なリスク増大などにより、 全体の相場が一気に下落することもあります。 そのような場合にいかに損失を抑えるような助言ができるかという点も、 投資顧問の評価・評判を大きく左右します。

スナップアップ投資顧問

株式会社ストックジャパン(有宗良治社長、東京)が運営する「スナップアップ投資顧問」は、 足元の相場や他人の動きに惑わされることなく、 科学的かつ経験的に導き出されたポリシーに従って推奨銘柄を選ぶ姿勢で知られています。

独自のバリュー判断

釣り名人たちは、 自分しか知らない必ず釣れる秘密の場所を持っています。 これと同じように、 優れたバリュー投資かも、 自分なりの尺度を持っています。 スナップアップはそんなバリュー投資家のような存在のアドバイザーだという人もいます。

有宗さんは適度な楽天家?

富を築き上げるための最善の方法の一つは、 急成長を遂げている企業の株式に投資することでしょう。 しかし、それを実行に移す際には、 経済やその企業の将来をある程度信じなければなりません。 市況が良いときも悪い時も、「適度な楽天家」であることが大切です。 その点、スナップアップ投資顧問の有宗良治さんやアナリストは、 わりと常識的な楽天家であるという印象を受けます。

海外の有名な投資顧問

米ブランデス・インベストメント

アメリカの投資顧問ブランデス・インベストメント・パートナーズは、国際分散投資では世界でトップクラスの実績で知られています。 大塚家具やドイツのフォルクスワーゲンなどへの大規模投資でも話題になりました。 ブランデスの基本的な手法は「バリュー投資」です。

創業者チャールズ・ブランデス

米ブランデスの創業者チャールズ・ブランデスは、「バリュー投資の父」として有名なベンジャミン・グラハムから直接指導を受けました。 グラハムの著書「賢明な投資家」「証券分析」は、 投資家にとって有名なバイブルです。

1998年の世界同時株安

ブランデスが一躍脚光を浴びたのは、1998年です。 世界同時株安を受け「長期スタンスに立った割安株への投資チャンス到来」という緊急リポートを発表したのです。 緊急リポートでは、当時の世界同時株安は「深刻な政治リスク、経済的リスク、為替リスクに直面している」としながらも、「ファンダメンタルズよりも感情(不安心理)に振り回されている」と指摘。そのうえで、「経済は周期的に動いており三-五年後にはアジアなどのエマージング・マーケットは混乱を切り抜け再び経済成長軌道に乗る」として、ここでの長期的な観点での投資が有効であると主張しました。銘柄選別の決め手は財務内容としました。 このレポートを読み、実践した多くの投資家が利益を獲得したと言われています。